シンガプーラの寿命は何歳頃?

シンガプーラの平均寿命は?

シンガプーラの平均寿命は?

シンガプーラは純血種として認められている猫の中でも最小の猫と言われます。その特徴的な小さな体から小さな養成とも呼ばれている猫です。

一般的な家庭で飼われている猫の平均寿命は15歳と言われます。シンガプーラの平均寿命は11歳から15歳と言われるのでだいたい平均と同じ位になります。

少しでも長生きしてもらいたいのであれば定期的な健診と与える餌を考える必要があります。また、シンガプーラはシンガポールで生まれた猫ですので日本の寒さや乾燥した気候を苦手とします。

神経質な性格なため多頭飼いなどはストレスになってしまいます。そのようなストレスを与えることなく、日頃から体調に気をつけて飼って行けば平均寿命よりも長生きしてくれるでしょう。

シンガプーラの寿命を人間に換算すると何歳?

シンガプーラの寿命を人間に換算すると何歳?

最近は犬よりも飼う人が増えたと言われる猫ですが、昔に比べると種類も豊富になりそれぞれ個性的な特徴を持ち合わせています。

マンションなどでも飼いやすいと人気なのが成猫になっても2kgほどにしかならないシンガプーラです。オリエンタルな雰囲気の見た目が魅力的でもあり、一人暮らしの女性に特に支持されているようです。

そんなシンガプーラの寿命は10〜13歳くらいとされており、人間に換算すると55〜70歳くらいです。意外と早いと感じるかもしれませんが、自由飼いか室内飼いかや食事内容などの環境にも左右されるため一概には言えません。

大切な家族の一員である愛猫が少しでも長生き出来るよう、健康維持には気を付けて飼いたいものです。

シンガプーラの長生きの秘訣とは?

シンガプーラの長生きの秘訣とは?

シンガプーラの平均寿命は11歳から15歳と言われていますが、長生きさせる秘訣は食べ物と水です。

猫はあまり水を飲まないので、腎臓の病気にかかりやすい特徴があります。

そこで、猫が通る場所の3か所ほどに水飲み場を設置するのもおすすめです。

しょっぱいエサを与えて水をたくさん飲んでもらう方法もあるようですが、飲まないことが前提と理解し意識的に水分を取らせることです。

また、食べ物は高級フードを必ずしも与える必要はなく、現在与えているキャットフードの内容物について調べて、信頼できるメーカーや余計な成分が配合されていないフードを与えることが大切です。

シンガプーラは原産国が温かいため、寒さにも大勢がないので、乾燥に注意をしながら暖房のある暖かいところで飼育することもポイントです。