ラグドールの寿命は何歳頃?

ラグドールの平均寿命は?

ラグドールの平均寿命は?

ラグドールの平均寿命は14~16歳とされています。猫全体の平均寿命は15歳前後とされているので、寿命は猫の中でも長めの種類と言えます。

その理由の一つは、室内で飼われていることが挙げられます。

ラグドールは体格が大きい方なので栄養素をたくさん摂取することが重要となります。

寿命を延ばすためには、食事管理がとても大切となり、成猫になる2~3歳までの成長期の間に高カロリーや高蛋白質のものを与えて全面的に成長のサポートをすることで今後の生命に関わります。

また、年齢のステージによっても食べさせるご飯を考えないと身体に負担を与えてしまうので、常に気を付けておくことが大切です。

ラグドールは基本的に飼い主にとても従順で遊び好きな子が多いです。機嫌が良い時が多いので、体調が悪い時でも気づかないことが多いです。

いつもと少しでも様子が異なるようでしたら、病院に連れていくなどすることが長生きに繋がります。

ラグドールの寿命を人間に換算すると何歳?ラグドールの長生きの秘訣とは?

ラグドールの寿命を人間に換算すると何歳?ラグドールの長生きの秘訣とは?

ラグドールの平均寿命は一般的には14~16歳と言われております。

これは猫全体の平均寿命とおおよそ一緒といっていいでしょう。ラグドールは室内飼いが望ましいとされていることも、その理由の一つと考えられます。

呑気な性格ですので、危機に直面しても直ちには対応できないところから、部屋の外に出すのはあまりに危険であると見られています。

ラグドールの年齢を人間に換算してみますと、ラグドールの一か月が人間の1歳で、同じく1歳が18歳、10歳が56歳、そしてあとは1歳加算されるごとに、4歳がプラスになると見るのが通例です。

ラグドールの成長は人間に比べて非常に早いところがあります。およそ人間の5~6倍で年齢を重ねていくと見ていいでしょう。

ラグドールの長生きの秘訣とは?

ラグドールの長生きの秘訣とは?

ラグドールの平均寿命は14から16歳ですが、生活習慣を変えることで寿命を少しでも伸ばして長生きさせることができるのです。

具体的な秘訣は、ラグドールは体が大きいので高たんぱく高カロリーのフードを選ぶなど食事の管理が大切になります。

特にラグドールは子猫期が長いので、その期間は特に栄養不足にならないように気を付けることです。

そして、ラグドールは遊びが好きな猫なので、運動したくなる環境を整えてあげましょう。

運動不足は肥満のもとになり、様々な病気の原因になるからです。

また、ラグドールは毛球症になりやすいので、ブラッシングやシャンプーをかかさないことです。

ブラッシングはスキンシップも兼ねているのでおすすめです。このようなスキンシップでストレスをためさせないようにすることも長生きさせる秘訣です。