パピヨンの寿命は何歳頃?

パピヨンの平均寿命は?

パピヨンの平均寿命は?

犬を飼う時、また飼っていてどれぐらいの寿命なのかというのは気になるものです。今はドッグフードの質も高くなっていますし、部屋などで大事に育てられていることもありますので平均寿命が延びている傾向もみられます。

ちなみにパピヨンに関しては14歳から15歳という平均寿命になっています。

1歳を過ぎると大体4歳ずつぐらい、人間で言うところの年を取っていく事になります。

昔と比べるとパピヨンも大分寿命が延びてきていると言われていますが、やはり食事の面で考えていくことは必要です。

昔は人間と同じ食べ物を与えていたことも有りましたが、今はドッグフードを与えるのが常識です。小型犬用やパピヨン用のものを食べさせてあげるようにしましょう。

パピヨンの寿命を人間に換算すると何歳?

パピヨンの寿命を人間に換算すると何歳?

パピヨンは小型犬に分類されて、その寿命は今までは平均で10年から15年程というのが一般的でした。

ですが近年は10年以上長生きするパピヨンが増えてその寿命は延びつつあると言うことが出来ます。

ただし寿命については個体差があると言えますが、出来るだけ寿命を延ばしたいなら食事管理に気をつけてストレスがない生活を過ごせるように心がけてあげましょう。

あと犬の年齢を人間に換算すると通常小型犬は生後1年で17歳程の年齢となり、その後は成長スピードは落ち着いて1年に4歳づつ年を取っていく感じです。

つまり犬の5歳は人間だと35歳となりますし、15歳なら76歳とかなり高齢と言えます。だからパピヨンの平均寿命を人間に換算すると65歳から75歳程です。

パピヨンの長生きの秘訣とは?

パピヨンの長生きの秘訣とは?

パピヨンは人懐っこく元気に走り回るのが大好きな活動的な犬です。外での散歩を好むのでたくさんの人間や犬などに出会うことでより元気になるということもあります。

そのため長生きさせる秘訣の一つとしては、運動をさせる習慣を維持することです。

好奇心旺盛な性格を理解し、様々なものを見せる、走らせる、いろいろな人との出会いをすることはパピヨンにとってストレス発散になり、それがないとストレスを溜めて病気になってしまうことにもなりかねません。

また特に老犬になってからの食事には気を付けます。消化の良いもの、必要な栄養素が摂れるものを与えることで健康維持につながります。

毎日朗らかに接する、一緒に楽しむ生活を送ることがパピヨンを元気に長生きさせるコツです。