マルチーズの寿命は何歳頃?

マルチーズの平均寿命は?

マルチーズの平均寿命は?

マルチーズの平均寿命は12歳から15歳だと言われています。

これは人間の年齢に換算すると68歳から86歳になるそうです。

小型犬の平均寿命は大体13歳だと言われているので、マルチーズも個体差はあるものの小型犬一般の平均寿命だと言えるでしょう。

日本ではもっとも長生きしたマルチーズは24歳という報告があるので、15歳以上になっても元気でいる子もいるようです。

犬の寿命は食事の改善や医療の発展などにより徐々に伸びており、マルチーズも同様です。

愛犬には元気で長生きしてほしいですよね。

そのためには、まずは病気にならないことが第一です。

マルチーズがかかりやすい病気をよく知り、食事や運動、健康診断などでしっかり対策して行きましょう。

マルチーズの寿命を人間に換算すると何歳?

マルチーズの寿命を人間に換算すると何歳?

犬を飼っている、またこれから飼おうとしている方はその寿命についても少し気になる所です。マルチーズですと平均寿命は13.1歳と言われています。

犬全体で考えると比較的長い方にはなりますが、小型犬という位置づけの中で考えた時には少し短いと言えるでしょう。

人間に換算すると70歳弱ぐらいではないでしょうか。今は20歳近くまで生きられる犬もいますので、そう考えると少し短命と言えるかもしれません。

長生きさせるためには、とにかく食事の管理が最重要です。人間のご飯の余り物をあげたり、おやつをまめにあげすぎるとあまり良くありません。

小型犬用やマルチーズ用として売られているドッグフードを与えてあげるというのは、ベストです。

マルチーズの長生きの秘訣とは?

マルチーズの長生きの秘訣とは?

マルチーズの平均的な寿命は12~15歳といわれています。

人間で言えば、60代半ば~80代半ばくらいです。マルチーズがかかりやすい病気として、皮膚疾患が挙げられます。

その原因はアレルギーによるもので、食べ物には注意する必要があります。アレルギー性の皮膚炎を起こした場合は早めに検査を受け、アレルゲンの入っていないドッグフードを選ぶようにしましょう。

また、マルチーズは膝蓋骨脱臼という病気にもなりやすい犬種です。長時間の散歩を毎日続けてしまうと負担になりますので気を付けてください。

何より、最も大切な長生きの秘訣は、ストレスのない生活をさせてあげることです。マルチーズは愛玩犬として長年大切にされてきた犬種なので、留守番は苦手です。

自然な形で短時間の留守番から慣れさせてください。そして、一緒に遊んで触れ合うことでストレスを解消させてあげましょう。