ビーグルの寿命は何歳頃?

ビーグルの平均寿命は?

ビーグルの平均寿命は?

ビーグルの平均的な寿命は12~15歳。人の年齢に言い換えると64~76歳位にあたります。大型犬よりも小型犬の方が、寿命が少し長い傾向にあります。

中型犬のカテゴリーで言うとビーグルは、柴犬、ミックス犬に次いで三番目に平均寿命が長いと言われています。平均寿命13.3歳というデータもあります。

もちろん、この年齢は平均的なもので、犬それぞれの個体差があります。ビーグルは生まれつき病気の少ない犬種ですので、比較的寿命が長く、健康的に飼うことができます。

飼い主の健康管理の仕方によっては、元気で長く一緒に過ごすことができます。ビーグルの場合は7歳から人間でいうところの中年期に入ります。

10歳から本格的に老化が始まるといわれています。

ビーグルの寿命を人間に換算すると何歳?

ビーグルの寿命を人間に換算すると何歳?

ビーグルはスヌーピーのモデル犬として有名です。

そして、先天的な病気が少なく遺伝的に安定した犬種で、比較的寿命の長い健康的な犬種だといわれています。

では、それぞれの犬の年齢は、人間に換算すると何歳くらいになるのでしょうか。

まず、中型犬は2歳で人間に換算すると成人くらいとなります。そして、これ以降は成長のスピードも緩やかになります。

BBCによると、犬種により歳の取り方にかなり差が出てくるようで、3歳以降の目安として、1年で5.20歳分だと言われています。

ビーグルの平均的な寿命は12歳~15歳といわれています。なので、人間の年齢に換算すると72歳~87歳くらい、ということになりますね。

また、最近は室内飼いが増加してる結果、生活環境がよくなり寿命が長くなってきています。

ビーグルの長生きの秘訣とは?

ビーグルの長生きの秘訣とは?

ビーグルの平均寿命は12歳から15歳程というのが一般的で小型犬の純血種の中でも特に長生きする犬種と言えます。

先天的な病気にかかってしまう事はほとんどないのであとは長生きの秘訣としては良い環境で育てることです。

そして犬にとって良い環境というのは適度な運動をさせることとしっかりと食事の量を管理することです。

食べ過ぎはNGで、特におやつの与えすぎは病気や肥満の原因となるので注意しましょう。あとビーグルは丈夫な犬種ですが白内障などの目の病気にかかりやすいと言えます。

犬とは言葉によるコミュニケーションが出来ないので定期的に病院で診察をしてもらい異常がないかを確認することも重要です。

他にも出来るだけストレスがない環境を心がけましょう。